コンテンツへスキップ

Blog 布良・相浜の漁村日記

7/27~ 女子美付属中学 スケッチ作品展

先月館山市布良にスケッチツアーで来訪した女子美術大学付属中学生たちの
スケッチ展がスタートします。
http://aoki-shigeru.awa.jp/News/item.htm?iid=302

期間:7月27日~8月25日まで。
会場:青木繁「海の幸」記念館、千里の風、安房自然村

《スケッチの様子》

広告

布良のまち

布良の港は巾着袋惜しいことには紐がない  担ぎ手がうたう

7月21日16時30分神輿が出立する

祝うように見えなかった富士山が鳥居の間にうっすらと姿をみせる

ばあちゃんが昔を思い出ししゃべるよ

鮨に米は何升かすったか、忘れたけど、いっぺ かすったよ

朝から女は台所だったね 魚はいなだでなく、わらさを家でさばく

作った鮨はこうじ箱に並べておく、煮しめもつくる 飲み物は酒の他甘酒も必ず用意したよ

これない親戚にはその鮨を配る  家では大皿、中皿にたくさん並べて歌ったり踊ったり賑やかに食べる

今は鮨店からとれるから作らなくなったね

 

 

 

 

 

海とアートの渚の博物館 開催中

”渚の駅”たてやまで、「館山の海を愛した画家たち展」が始まりました!
見応え満載の絵画、海とアートの渚の博物館をぜひお楽しみください。
会期は9月1日まで。

初日には、青木繁作品の複製画制作者・島田吉廣さんによる
迫力あるギャラリートークが行われました。
*島田さんインタビュー記事 ⇒ http://aoki-shigeru.awa.jp/News/item.htm?iid=298

実際に絵画を鑑賞した後、布良の青木繁「海の幸」記念館・小谷家住宅(土日公開)にも
ぜひお出かけください。

今週末の20日は、布良崎神社の祭礼があります。
青木繁が感動し「海の幸」のヒントになったと思われる布良の神輿を
ご覧いただけます。

 

青木繁の同郷 坂本繁二郎、没後50年 展覧会

東京の練馬区美術館では、現在「没後50年 坂本繁二郎展」を開催中です。
会期は9月16日(月・祝)までです。
詳しくは下記よりご覧ください。
https://www.neribun.or.jp/event/detail_m.cgi?id=201906011559351169

青木繁と坂本繁二郎は、同じ1882年に久留米で生まれました。
ふたりとも小さい頃から絵を描くのが好きだったようです。

青木は画家を志し東京美術学校に入学。
そして坂本も上京、その後1904(明治37)年、
青木と坂本、森田恒友、福田たねの4人は
房州布良へ写生旅行に訪れました。
このとき滞在した布良の小谷家で、青木の代表作「海の幸」が描かれています。

【本日最終日】青木繁の生誕祭

本日7月15日、青木繁の生誕祭 最終日です。
青木は、22歳を迎えた明治37年7月15日に、友人らと一緒に写生旅行で
館山を訪れ、布良の小谷家に滞在しました。
そのとき描かれたのが、重要文化財「海の幸」です。

ぜひ、青木繁「海の幸」記念館・小谷家住宅で
青木繁の感じた空間をお楽しみください。
トコロテン・紫蘇ジュースのサービスもありますよ♪

*房日新聞(2019年7月13日付)
きょうから青木繁生誕祭、布良記念館は3日間公開 渚の駅では企画展

*房日新聞寄稿(2019年7月13日付)
海とアートのまるごと美術館~青木繁の生誕祭

7/13(土)渚のギャラリートーク「複製画制作から見える青木繁の描く波」

7月13日(土)から、千葉県館山市の”渚の駅”たてやまで、
館山を愛した画家たち展~青木繁・寺崎武男・倉田白羊」が始まります。

初日には、館山市布良出身で青木繁の5作品を複製画制作した
島田吉廣さんによるギャラリートークが行われます。

*7月13日(土)10:30~11:30
「複製画制作から見える青木繁の描く波」‥島田吉廣(アートプロセス代表)

参考:【0470-No.51】190531*インタビュー=島田吉廣

そして、この日は青木繁の誕生日。館山を訪れた青木たちが滞在した
布良の小谷家(青木繁「海の幸」記念館として開館)は、
通常土日のみの公開ですが、13日~15日まで3日間開館します。
青木の誕生日をみんなでお祝いしましょう。
当時のたたずまい、青木繁が感じた空間をゆっくりお楽しみいただけます。
トコロテンや紫蘇ジュースのサービスもあります。ぜひお出かけください。

PDF : 海とアートのまるごと博物館

7/13~15:青木繁の生誕祭 in 青木繁「海の幸」記念館・小谷家住宅

館山の海を愛した画家たち展~青木繁・寺崎武男・倉田白羊~」が始まる
7月13日は、重要文化財『海の幸』を描いた明治の画家・青木繁の誕生日です。

青木が滞在した小谷家住宅(青木繁「海の幸」記念館)は、通常は土日公開ですが、
誕生日である7月13日(土)~15日(月・祝)の3連休を開館いたします。
来場者には、トコロテンや紫蘇ジュースのサービスがあります。

当時のたたずまいや青木が感じた空間を味わい、
近隣にある「海の幸」記念碑、青木が愛した阿由戸の浜、布良崎神社など、
のどかな漁村風景を歩いて青木繁ゆかりの地をたどってみてはいかがでしょうか。
布良ウォーキングマップ