コンテンツへ移動

Blog 布良・相浜の漁村日記

シーサイドセラピー&浜掃除

あいにくの雨のため中止でしたが

こんな素晴らしい体験をさせてもらいました

貝磨き体験・・僕こんなペンダントできたよ!

講師は貝磨きの世界チャンピオンの堀田康孝さん 館山に住んでいます

貝、本来の美しさを追及 ひたすら、ひたすら手で磨くとか

 

広告

樹木の名前わかるかな

樹木医の先生と房南小学校の生徒さんが大木や植物を観察しながら

歩きました 木の名前をプレートに書いてそれぞれの木に下げました

来年見に来てくださいね  待ってますよ

 

青木繁記念館で海の幸(魚)描こう

寺子屋講座 海辺の臨床美術体験

一匹のサンマをじいーとみつめて自由に描いてくださいねと

ではじいーと見つめて・・・・

私はゆったりとした心を取り戻した気がしましたよ

ありがとうございました

まくわうりの成長

会長が大事に記念館の庭の隅で育ててます  夏食べられるかな

アジサイ祭り

 

7月13日青木繁の生まれた日ということと、たねとの縁を結んだ紫陽花、青木繁好きだっただろう

というわけで記念館で6月に咲いていた紫陽花の写真・折り紙の紫陽花やら、ちぎり絵やらをかざり

紫陽花祭り4日間(13・14・15・16日)開館している

そこへ

友の会員さんが「鈴虫を飼育しているの 」と持ってくる

「懐かしいなあ・・ 我が家は亡くなった母が飼ってたよ 」

「夏休みには記念館にも こど達くるよね」

3籠 置いていく 説明書付だ、すごい!

記念館にみえたお客様が早速ほしいと言う

「ただでは悪いわね」と 維持協力金箱へ、ぽとり・・わあ ありがとう!

オス・メスいる 期待が膨らむ 来年は私もかえしてみようと

鈴虫やはじめましてと主の声  鈴虫や今年は住家の心地よし・・お粗末でした

すず虫よ  かわいがってもらいなよ

青木繁の絶筆「朝日」の複製画をみて

当会役員でカラー印刷技術者である島田吉廣さんが原画に忠実な色彩で再現してしてくれましたよ

素晴らしいですよ 是非 是非 見に来てくださいね

私にはなぜか「夕陽」に見えるんだな・・??・・

悲劇の洋画家青木繁伝(著者 渡辺洋)を読んでからだったからかもしれないね

 

夏越しの大祓い

月の当番さんが「ナデ」持ってきました  早いなあ 半年過ぎたなと思う

紙を人の形に切り抜いた人形(ひとがた)

形代(かたしろ)=自分の身代わりだね

家族一人一人が身を撫でる(このことからナデともいうよ)

家族 各自が息を三度人形に吹きかける 残り半年清々しく過ごせますように

 ご苦労様です