コンテンツへスキップ

Blog 布良・相浜の漁村日記

4/27~5/6:海とアートの学校まるごと美術館《イベントご案内》

4月27日(土)~5月6日(月)まで開催する「海とアートの学校まるごと美術館」では、
布良を愛した画家たちの作品を展示するほか、皆さんが参加し、お楽しみいただける
イベントを企画しております。

【イベントスケジュール】

4月27日(土)
・11:00~防災寺子屋講座「地震津波の避難所の心得」
・13:30~歌byふーたむ

4月28日(日)
・13:30~南京玉すだれ

4月29日(月)
・10:30~俳句吟行会
・13:30~手品&絵巻語り部

4月30日(火)
・10:30~貝磨きアート体験
・13:30~漁村ウォーキング

5月1日(水)
・13:30~上映会「日曜美術館・青木繁」

5月2日(木)
・13:30~太極拳講習会

5月3日(金)
・11:30~剣がつなげる2020プロジェクト
・13:30~殺陣演舞by魂刀流南総青剣会

5月4日(土)
・13:30~神話の浜ウォーキング

5月5日(日)
・13:30~手品&紙芝居「八犬伝」

5月6日(月)
・13:30~歌byえ~ころ♡バーバンズ

広告

4/27~5/6:海とアートの学校まるごと美術館

ゴールデンウィーク、海辺の小学校に名画が勢ぞろい!!
アート”を通じて、””を体感しましょう。

4月27日(土)~5月6日(月)までのゴールデンウィーク10日間、
海とアートの学校まるごと美術館~布良の海を愛した画家たち展~
を開催します。

日時:4月27日(土)~5月6日(月) 10時30分~15時
会場:旧館山市立富崎小学校(館山市相浜282-1)
料金:入場無料(一部有料体験コーナーあり)
詳細⇒http://aoki-shigeru.awa.jp/News/item.htm?iid=284

西洋画家・青木繁が重要文化財『海の幸』を描いた館山市布良は、
風光明媚な景観が広がり、多くの画家に愛され「美術界の聖地」と呼ばれた漁村です。

原画に忠実な色彩が再現された青木繁作品の複製画、
布良崎神社に鳥居方の額装で奉納されている作品や神話シリーズの寺崎武男の大作、
倉田白羊の襖絵などの原画を一堂に公開。
海の写真や漁具、富崎地区ゆかりの歴史や偉人も紹介。

青木繁「海の幸」記念館・小谷家住宅も毎日開館いたします。
当時のたたずまい、青木繁の感じた空間をご堪能ください。

また、毎日13時30分より、音楽や殺陣演舞、漁村ウォーキング、貝のアクセサリーづくりなど、
大人も子どもも楽しめる企画が盛りだくさん。
ふるってご参加ください。

催しの詳細は、追ってご案内いたします。

【房日】寺崎武男の遺族200点寄贈

青木繁《海の幸》誕生の家と記念碑を保存する会では、
このたび、房総の神話を描いた画家・寺崎武男のご遺族より、
絵画など約200点寄贈を受けました。

4月27日(土)~5月6日(月)に開催する
海とアートの学校まるごと美術館の~布良の海を愛した画家たち展~」で
貴重な作品の数々を展示します。
どの作品も圧巻です。ぜひ多くの方のご来場をお待ちしております。

房日新聞(2019年4月14日付)
「寺崎武男の遺族200点寄贈  27日から『安房ゆかりの名画展』で公開へ」
190414房日(寺崎絵画寄贈)

安房の美術散歩バスツアー

保存会・NPO安房文化遺産フォーラム主催の「安房の美術散歩バスツアー」に、
約20名が参加し、江戸期から昭和にかけて、
安房にゆかりのある彫刻師や画家などの痕跡をめぐりました。

ツアーでは、下記の所へ作品の見学に行きました。
(太字をクリックすると、詳細が見られます)

鴨川市郷土資料館
江澤館に滞在し『外房風景』を描いた安井曾太郎についての講義と資料館見学

江澤館(鴨川市太海)
画家ゆかりの宿を見学 参考:房日新聞

*下立松原神社(南房総市白浜)
寺崎武男絵画館を見学

円光寺(館山市伊戸)
明治期の西洋画家・青木繁と恋人・福田たねが滞在、
円光寺の板戸4枚に、荒々しい太平洋の海景を描いている。
そのモチーフになったと考えられる波の伊八の欄間彫刻「波と龍」を見学。

*南房パラダイス・・・門扉レプリカ『海の幸』見学
  

鴨川・白浜・館山など、安房地域をぐるっとめぐった美術散歩で、
改めてそれぞれの作品の魅力を感じることができました。

ちば文化資産!青木繁「海の幸」記念館・小谷家住宅

青木繁「海の幸」記念館・小谷家住宅(館山市有形文化財)は、
多様で豊かなちば文化の魅力を特徴づける文化財として、
次世代に残したいと思う『ちば文化資産』」に選定されています。

これに関連し、現在「ちばアート祭2019」事務局では、「ちば文化資産」を
テーマとした絵画・写真作品を公募しています(5月末まで)。
応募作品は今年8月の「ちばアート祭2019」(会場:千葉県立美術館)に
展示されます。

青木繁「海の幸」記念館・小谷家住宅をテーマに、
その魅力を伝える絵画や写真を応募してみませんか?

詳細は下記よりご確認ください。
https://www.chiba-art2019.com/

【青木繁旧居、来館者10万人!】 おめでとうございます!

【西日本新聞】(2019.03.16付)
「青木繁旧居、来館10万人へ 観光名所に成長 地域住民の草の根運動から」
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikugo/article/494636/

*青木繁旧居保存会HP
http://www.s-aoki.com/index.html

旧富崎小学校 大掃除!② 

2回目の大掃除の日、この日もまた雑巾などを持って、
早朝より約40名の方が小学校に続々と集まってきました。
日曜日ということもあって、若いお母さん方や小学生の姿も見えました。

1階の教室や窓ガラスの掃除を中心に、1時間ほどの作業で
積もったほこりも、窓についた汚れも、きれいになりました。
地域で顔を合わせる機会にもなり、懐かしい話に花が咲きました。

さて次回は26日(火)9時~です。
地域の学校がきれいであることはうれしいことですね。
さらに学校に磨きがかかるのが楽しみです。