Skip to content

繁 画

青木繁は28歳という短い生涯のなかで、とくに布良に滞在した1904(明治37)年夏には多くの作品を精力的に描いています。神話を題材にして、布良で描いた《海の幸》と布良で構想を練った《わだつみのいろこの宮》は、国重要文化財です。

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。