Skip to content

台風が去って

7月 11, 2014

私が子供のころは台風がさると、女世帯の家には必ず親戚の男衆が家の様子を見回りにきてくれた

我が家は海に近いので雨戸も今も板戸だ 板戸でないと潮でさびが早くでる

建具屋さんに板戸に作り替えてもらった時安くて一枚3万はするよといわれた

それでも板戸のほうが長持ちするし安心だ かっては

台風前には漁師達が声かけあって船を曳いたが

いつの間にか機械で引くようになった

だんだんと漁師になる人がいなくなり港はさびれてきた

魚がとれなくなったのか、仕事がきついのか、生活をするのには経済的にたいへんなのか

私にはわからない  覚えているのは父が帰ってくると、しょい籠をしょって港にいきおかずになる

魚をもらいにいくのが子供の私は仕事だった 大人は揚げるのを手伝った

ひもで作ったくじをひきおかずの魚をもらってきたものだ

布良のあゆど まだ白浪が押し寄せている  にさいの海こちらも白浪が立っている

CIMG3533 CIMG3535  CIMG3541

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。