Skip to content

渋沢栄一と福原有信をめぐって

12月 7, 2014

CIMG4276

昨日の風がどこへいったのか今日は穏やかな天候でした 富士山もみえましたよ

NPO安房文化遺産フォーラム主催でヘリテージまちづくり講座に

参加しました

見学会  渋沢栄一の書による磨崖碑

講演会  講師は井上潤(渋沢史料館長)

船形学園の敷地内に入るのは私は初めてでした

そこにはなんと崖に彫られた記念碑がありました

高さ約10メートル巾6メートルの巨大な磨崖碑がありました

渋沢栄一の書による碑文 一文字30センチ角の大きさだそうです

私も名前は知っていますが渋沢栄一がなぜこの船形学園とかかわりがあるのか

知りませんでした

今日参加して少しわかったかな?

今 なぜ 渋沢栄一が注目されているのか

詳しくはNPO安房文化遺産の ホームページをごらんいただきたいですね

 

 

広告

From → まちづくり

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。