Skip to content

縫初(ぬひぞめ)

1月 21, 2015

CIMG4457 CIMG4461 CIMG4464 CIMG4459 CIMG4456

正月2日になると母が袋を縫って神棚においていた 子供の頃はなんで?だった

年齢が重なって俳句の季語の中に縫初(ぬひぞめ)とか初針があるのを歳時記を買って知った

母はその袋に船祝いの投げ銭を入れ、まとまると子供達が分けてもらっていた

その船祝いも布良も相浜もやらなくなった その後も

袋を作り私は気づくと一円を入れ ためて歳末募金にしていた

今は一円を使うことが多くてたまらない

今年は袋でなく母の思い出の着物で 腰布団、作衣、水屋の割烹着をつくった

作衣はウール、 割烹着は絹物、 腰布団はウール(綿を入れすぎたね)

本を見ながら2日からの仕事がやっと今日できた・・ふうー

今 私は目が悪いのに やめればいいのに ・・いらいらだからだめだね

作ってねと言われても私は不器用だから無理だよ・・・でも見てほしくてね

腰布団は温かくていいよ

 

 

 

広告

From → 風物詩

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。