Skip to content

布良の布 

2月 4, 2015

明治大正期房総で収集した布などを研究保存している

「あわコットンクラブ」さんが富崎の公民館で元漁師さん達に話を聞きたいと

みえた その席へ誘ってもらった

”これは布良にあった布です かつお縞といいます たぶん着物ではないかと?”

布良の青木さん達が縄糸のよりかた 柿しぶで染め防水を施すし干すまでの行程説明

潜水夫が着用した上下の編み物 編み道具 自分が編んだものなどみせていただいた

さらに糸の結びの色々を ・・・ただ ただ 驚く私

思いおこすと父も編み物をしていたなあと

漁師さんだけでなくすべての生活の中に

富崎は宝を抱えた人がたくさんいるのに 眠っている どんな場所をつくったら

その素晴らしい知恵を教えてもらえるのかな

木内鶴彦先生の話が浮かんだ

CIMG4531 CIMG4532

 

 

 

 

広告

From → 風物詩

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。