コンテンツへスキップ

Blog 布良・相浜の漁村日記

漁村の道端に咲く草花 

足を止めて海を見る ひじきが岩にしがみついて波の中でゆらゆらしている

潮のにおいが鼻をつく

のじすみれ     ふき        浜だいこん     浜だいこん

浜えんどう     よもぎ

 

広告

旧富崎小学校 みんなで大掃除!

長年、地域に親しまれ守られてきた富崎小学校。
しかし廃校になって以来、教室棟はほとんど使われてきませんでした。

今回、ゴールデンウィークに住民が集まり楽しめる催しを企画し、
会場となる富崎小学校教室棟をみんなで大掃除しました。
※今後の掃除予定は、3月17日(日)9時~/3月26日(火)9時~

久々に足を踏み入れた富崎小学校。
ホコリを落とし、床を掃いて、モップ掛け。

お互いにお疲れ様
掃除中こんな会話が聞こえましたよ

「ホコリがすごいね 早く掃除をすればよかったのに」
「年に2回くらい掃除すればいいね」
「もしもの時のために避難所として使えるようにしておきたいね」
「私達は木造校舎、子供らは鉄筋コンクリート造りのこの校舎 PTAで来ていたから懐かしいね」
「花壇に親も花を植えにきたね」
「夏はプールの監視でね 暑かったけど楽しかったね」
「よその廃校した所ではコミニテイのサークルなど使っているって」
「トイレが子供用だね 高齢の人でも使いやすいように洋式だといいね」

作業服で雑巾など持っている人数42人・・たくさん集まってくれました。
とにかく手早い!9時から始まり一時間で2階の教室がきれいになりました。

寺子屋講座~四ツ目垣ワークショップ

今回の寺子屋講座では、樹木医の小池英憲先生から、
四ツ目垣の作り方を学び、記念館の庭園整備を行いました。

記念館の開館に合わせて四ツ目垣を作ってから3年が経過。
風にさらされて少し傷んでいたのを作り直しました。
約20名が参加し、力を合わせ、とてもきれいに仕上がりました。

この日は風が冷たく、手作業が大変でした。
ですが、空気が澄んでいて、雪をかぶった美しい富士山の姿が…!
最高の景色を望むことができました。

 

【はれ予報】日本近代絵画の名作「海の幸」はココで生まれた!

しんきんカード機関紙『はれ予報』で、
青木繁「海の幸」記念館が紹介されました。

▼記事はこちらから
【はれ予報】「日本近代絵画の名作『海の幸』はココで生まれた!」(2019年3月号)

海の幸

青木繁「海の幸」記念館では、来月24日まで
ひな祭りが開催されています。(開館は土日のみ)

【房日】古風なひな人形で華やぐ

房日新聞に青木繁「海の幸」記念館・小谷家住宅の
行事 ひな祭り が掲載されました。

記事はこちらからご覧いただけます。
【房日】「古風なひな人形で華やぐ」(2019年2月21日付)

お正月のお守り貝みがき初め

貝磨きは自分磨き。

20180819195634_

願いを込め貝を磨いてお守りやアクセサリーを作る体験会を

布良崎神社や旧富崎小学校体育館で行いました。

講師は館山市在住の貝磨き職人の福田康孝さん。

布良崎神社から見える富士山を眺め、

地元の方や遠方からの観光客  約150人が参加して

お正月の貝磨きを楽しみました。

皆さんにとって、輝く一年になりますように。

 

 

 

 

友の会だよりNo.14

明けましておめでとうございます。

青木繁「海の幸」記念館  友の会だよりNo.14  を発行しました。

活動やイベントをお知らせいたします。

⇒  http://aoki-shigeru.awa.jp/News/item.htm?iid=279

 

友の会だよりバックナンバーは下記よりご覧いただけます。

⇒  http://aoki-shigeru.awa.jp/News/list.htm?cid=4